ペット可能物件を徹底解説!

>

家族同然のペットとともに快適に暮らせる賃貸物件とは?

一般的なペット可能物件とは

ペット可能物件で最もベーシックなのが、通常の賃貸物件でペットの飼育が認められているものです。
建物や部屋のつくりは、あくまでも普通のものなので、特別ペットのための設備が用意されているわけではありません。
このタイプで1つ注意しなければいけないことが、そこに住む人全員がペットを飼っているわけではなく、なかには動物があまり得意ではない人もいるかもしれないということです。
そのため、そういった人への配慮をきちんと行わないと、後々入居者同士のトラブルが発生してしまうことも。
ペットの飼育が認められているからといって、好き勝手に暮らすのではなく、飼っているペットにももちろんですが、部屋を借りる自分自身がマナーをきちんと守ることが、快適に暮らすためには必要不可欠になります。

さらに上をいくペット可能物件

最近少しずつ増えているのが、ペット共生型という賃貸物件です。
これは、入居者全員がペットと一緒に生活することを前提として建てられたものです。
そのため、一般的なペット可能物件と比べると、その物件に住んでいる人全員がペットに理解のある人なので、入居者同士のトラブルも少なく、ペットと暮らしたい人にとっては住み心地の良い物件でしょう。

またペット共生型の賃貸物件では、ペットにやさしい設備がいろいろと用意されています。例えば、共用スペースにはドッグランや、散歩帰りにちょこっと足を洗えるスペース、水飲み場などが用意されています。
さらに、部屋の中には、室内のドアにペット専用のくぐり戸が設置されていたり、ペットがあまり足を滑らせないような床材を使用していたり、傷つきにくかったり汚れが付きにくい壁紙を使用するなどの工夫が施されています。


この記事をシェアする